三体、素晴らしい小説で、久しぶりに時間を忘れて没頭しました。
帯に書かれていた、オバマ前大統領やザッカーバーグも愛読しているという評価にも納得でした。

■智子(ソフォン)はルオジーの計画にどうして気付けなかったのか…?
上記の3点はいくらウォールフェイサーの権限があろうとも、ソフォンの目から逃れて秘密裏に進めるのは無理ではないでしょうか。

(1)の腕時計型の送信機については、ソフォンを通じて「軽視していた」と伝えられていたので、気付いていたけれど軽視したということになっています。
ううん、これおかしいですね。
(2)ルオ・ジーが死んでしまうと水素爆弾が爆発して、三体世界の座標画像を宇宙に送信する仕組みをこっそり作っていたようです。
いやいやいや、これ、何でソフォンを通じて見れなかったのでしょうか…?
ルオジーはどんな手を使って、画像の作成と、その仕組みをソフォンから逃れて進められたのでしょう。
(3)水素爆弾の爆発と画像の送信を連携させる仕組みですが、そもそも(2)がおかしいのですが、百歩譲って(2)の画像を宇宙に送信する仕掛けを、ソフォンの目を逃れて設置できたとしても、それを水素爆弾の爆発と連携させるためにはさらなる開発が必要になります。
ソフォンはどうしてこんな重要な仕掛けを見逃したのでしょうか…?


■レイ・ディアスの計画は悪くなかったのでは?
ですが、この計画は三体世界の主は気にかけていませんでした。
地球を崩壊させてしまうということは、滅びゆく三体世界にとっての唯一の移住先がなくなってしまうのだから物凄く重要だと思うんですけどね。
だけどこの計画は、必要な水素爆弾の量が、三体艦隊の到着までに用意できないであろうことが作中で言及されていたため、気にかけていなかったことが推測されます。


■三体文明は三つの恒星に呑まれるから、本来は帰れないのでは?

ルオ・ジーの矛盾だらけの計画に何故かソフォンが気付けずに、相打ちに持ち込まれそうになった三体世界はあっさりと引き上げます。
これも最初に読んだ時に少し違和感がありました。
というのも、三体世界は三つの恒星に呑まれるから、背水の陣で地球に向かっているはずなんです。
地球ごと居場所を他の星に教えると脅迫されたとしても、行くも地獄、引くも地獄なはず。
生存が第一欲求なのなら、尚更簡単には引けないのではないかと思うのです。

通販公式サイト 華Doll* 清瀬陽汰 バッジ - www.notizieflash.com



■実はルオ・ジーの駆け引きで嘘だったのでは?
ですが、もし全てレイ・ディアスの腕時計の仕掛けのように嘘だったとしたら、三体人はソフォンで監視しているのだから、それは見抜かれますよね。三体艦隊が引き返したのだから、ルオ・ジーの計画は嘘ではなかったということが証明されていると思うのです。
気付いたとしても阻止する方法がなかった可能性はありますでしょうか。
この矛盾が三体3で回収されるのなら素敵なのですが、どうなんですかね…。
考察やご意見、遠慮なく教えてください。


技術のブレイクスルーさえ止めておけば技術爆発は抑えられるということだと思います。
ETOもすでに切っているので、物理的に亡き者にするのも、ルオジーが工作に入った時点では完全な防御体制の中で進めたと思うので、遥か遠い位置にいる三体人には結局無理だったのだと思います。
1. 三体世界の座標情報を全て記憶する
これは特に作戦の初期にルオジーがやっていても違和感ないと思います。
2. 相応の期間を置き、関係ない別のいくつかの作戦らしきことをフェイクとして挟む
3. 記憶していた座標を送信できる配置を自力で検討する しかし、ルオジーは相当頭がいいので、これくらいは頑張れば自力でやることは一応可能なのではないでしょうか。 もちろんかなり難しいとは思いますが、それだけの事をやってのけたということもまたルオジーが救世主たる所以かなと。
コメントフォーム
ポケモンカード BOX2箱 ロストアビス ポケモンGO シュリンク有り
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット